在籍確認しないでも借りれるか診断できるサービス!

消費者金融では利用申し込みをすると必ず審査があります。

その審査が通るかどうかを不安に感じて申し込みをためらう方も多いようです。

その理由は「審査の内容がわからない」からであって、何を問われるのかがわからない事への不安ではないでしょうか。

普通に会社員として働いて毎月の給与があって、過去に金融業者とトラブルが無ければ、審査にはほとんど通過したと言っても良いのですが、それでも不安なのです。

ただ働いていても、勤務先にかかってくる在籍確認審査では周囲にバレるのでは?という不安はあります。

本人確認や在籍確認の必要がない「お借入シミュレーション」

プロミスでは申し込みをしていない状態でも受けられるサービスとして「お借入シミュレーション」というものがあります。

申し込みをしたいけれど、審査に通るか不安なので躊躇ってしまう、という方には是非利用していただきたいサービスです。

本人確認や在籍確認の必要がないというのはどういうことかと言いますと、個人が特定されるいわゆる個人情報を入力することなく、借入れ可能かの診断をしてくれるサービスなんです。

診断を受けるにあたって必要な情報は「生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」この3項目です。たったこれだけです。

個人情報が不明でも、そもそもの借入れ可能な条件というものがあります。そのひとつめが「年齢」なんです。

消費者金融では利用できる年齢制限があります。20歳から69歳までになりますので、未成年では利用できません。

もうひとつの「年収」も正しく入力しても多めに入力しても、診断はしてくれます。働いて収入があることが条件なので、年収が少ないからと言って診断結果が残念でしたということにはなりません。

ただし、収入があり、年収がしっかりあったとしても、未成年ではお断りされてしまいます。これは70歳以上の方も同様です。

未成年でなければ、基本的には年収が少なくても、その範囲内で借りることができるんです。

その範囲内というのが3つめの「現在の他社お借入金額」に関わってきます。

これは総量規制になります。年収の3分の1までしか借りることができないのがプロミスをはじめとする消費者金融です。

そして現時点で、すでに他の消費者金融などからの借り入れがあれば、その金額を年収の3分の1から差し引いた金額までしか借りることができないのです。

例えば、年収が450万円だとしたら、借り入れ可能額は150万円となります。しかしすでに他の消費者金融から120万円の借り入れがあった場合は残り30万円までしか借り入れできないことになります。この状態での診断結果は、会社によって異なるとは思いますが、相談ということになり、本審査へ進んで担当者と相談することにんると思います。

「お借入シミュレーション」では未成年か年収が0円でない限り、診断結果として「借りることができない」とは言われません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ