消費者金融キャッシングについての疑問にお答えします。

Q:在籍確認の審査では本人が電話に出なくても大丈夫?

Aお答えします。勤務先に間違いなく在籍している事を確認するための審査ですので、同僚の方、人事の方などが電話対応されて、申し込みされた方に電話をつないでもらうか、不在かを伝えてもらう事で在籍していることが確かめられますからそれで在籍確認の審査は通過したことになります。もちろん最初から本人が電話対応しても問題ありません。

Q:申込みをしなくても自分がキャッシング可能か知る方法は?

Aはい、お答えします。公式ホームページには、たった3項目で借りれるかどうかすぐに診断してもらえる「お借入診断」というサービスがあります。通常の申込み審査と違って、個人が特定されない3つの情報のみで診断してもらえます。

個人が特定される情報というのは、「名前」「住所」「電話番号」ですが、この簡易診断に必要な情報は。【生年月日】【年収】【現在の借入金額】の3項目ですので、もし借りることが出来ないとなっても、申込み履歴に自分の情報が残ることはありません。

「生年月日」は個人情報にもあたりますが、名前とセットで調べたりしない限り、個人情報にはなりません。これは、消費者金融の年齢制限の簡易診断です。「20歳から69歳まで」の方が利用できるというわけです。

Q:クレジットカードを持っていると新規で消費者金融でお金を借りるのに影響があると聞きましたが?

Aはい、お答えします。通常のクレジットカードの使用方法でしたら新規で消費者金融をお申し込みになる場合、影響はありません。この場合の影響というのは「総量規制」だと思いますが、借入総額が年収の3分の1までの限度というのが、総量規制なんです。

クレジットカードは通常ならショッピング枠です。ですが「キャッシング枠」でお金を借りている場合は総量規制の対象になります。この場合は消費者金融の申込みに影響はあります。申込みの際に、記入欄に「他社からの借入れ」の事実とその額を伝えないといけません。

そして借入可能額は、年収の3分の1からキャッシング枠で利用している額を差し引いた額になります。もし、すでに年収の3分の1を超えていた場合は、新規での消費者金融の利用はできません。

Q:自宅に電話がないですがそれでも消費者金融に申込みできますか?

Aお答えします。スマートフォンをお持ちであれば、自宅に固定電話がなくても申込みは可能です。本人確認のために連絡しますので本人名義の携帯電話の番号があれば大丈夫です。

また、勤務先の在籍を確認するために勤務先の電話番号も必要になります。審査に必要な証明書類は写メで画像に変換していただきメールかアプリで送ることで問題ありません。審査のやり取りはメールか電話になりますので、来店は不要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ