キャッシングの総量規制って?

総量規制という法律が施行される前は、
年収や信用度が高ければ、複数の会社から多くのキャッシングをして、
借りている金額が年収の半分以上という人も多かったです。

2010年に貸金業規制法という法律が施行されて総量規制により、
個人の借入金額が年収の3分の1以上を越えられないと決まりました。

それによって収入が多い少ないという基準より、
いくら借りているかと言うことが重要になっています。
要するに総量規制によって審査の基準も変わったと言うことです。

審査に通りやすいと言われていた、
持ち家で安定収入があって、固定電話もあり、
結婚して家族もいる人が審査に通りやすかったのですが、
他社からの貸し付けがある上記の人物より、
初めてのキャッシングで独身の賃貸住宅に住む人の方が、
審査に通りやすくなっています。

他には他社との取引状況で支払いが遅れていたり、
踏み倒しを行っていた場合はかなり審査が厳しくなります。
キャッシングだけではなく、
通信販売業者でも信用情報調査機関へ情報を登録するところも多いので、
たかが数千円の延滞でキャッシングの審査が通らない可能性も出てきます。

また携帯電話の機種料金を分割で買う場合も、
ローン契約となるので信用情報調査機関へ登録されます。
今月はお金がないから、携帯料金は後回し‥なんてやっていると、
肝心なときに審査が通らなくなります。
この信用情報調査機関への照会は本人が自分の情報を見ることも出来るので、
一度確認しておくと安心です。
クレジットカードを持っていたら自宅でパソコンから情報を取り出せます。
いまやネットキャッシングが当たり前の時代ですから、PCさえあればなんでもできます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ