キャッシング審査で重要な在籍確認について紹介

申し込み者が実際に働いているかどうかの在籍確認の電話をなしにしてキャッシングはできるの?

通常ではお金を借りるために、キャッシングの契約の申し込みをすると、申し込み者が働いている会社に、申し込み者が本当に働いているかどうかを確かめるための電話がかかってくるのが在籍確認の審査です。

この電話での在籍確認をなしにして、書類で在籍確認をして貰うキャッシング方法があります!

本来であれば、その職場で本当に勤務してるのか?その在籍確認をするための電話は、仮審査の後に行われる本審査の最中にかかってきます。

申し込み者の会社に、キャッシングの契約をした金融機関の担当者が、在籍確認の電話をする時は、

最初から会社名を名乗ってしまうと、会社の人に、申し込み者がお金を借りたことがバレてしまうため、最初から会社名を出すことはせず、個人名でかけてきます。

個人名でかければ、たとえ会社の人が電話に出たとしても、申し込み者がお金を借りたことがわかることはまずありません。

しかし、いくら会社の人にはバレないとわかっていても、「それでも万が一ということも考えられる」と疑心暗鬼になる人もいますよね。

絶対にバレないと言い切れないのであれば、電話は困るという人もいるに違いありません。

どうやっても、バレる可能性をゼロにすることができないのであれば、在籍確認をやらずにすませることはできないのでしょうか

確かに、在籍確認をやらずに済ませられれば、「どうしよう」と悩まずにすむのですが、やらずに済ませることはできないのです。

在籍確認は、どこの金融機関でも必ず行われます。

キャッシングでお金を借りたいのであれば、申し込み者が勤務先に指定した会社に、申し込み者が、確かに働いているかどうかを確認する必要があるのです。

金融機関は、申し込み者が自分の勤務先に指定した会社に、本当に勤めているかどうかを確認する在籍確認の電話をかけてきます。

予期せぬ時に、在籍電話がかかってくると困るので、担当者と予め綿密な計画を練っておきましょう。

事前に打ち合わせをしておけば、金融機関の担当者も、万全の体制で在籍確認に臨めます。

申し込み者との打ち合わせどおりに在籍確認を進めていくことができるので、勤め先の人にバレる心配もありません。

それでも、中にはキャッシングでお金を借りたくても、

ひょんなことからお金を借りたことが、どこかでバレるのではないかと思うと不安で、借りたくても借りられないと、二の足を踏んでいる人もいます。

・会社の人から怪しまれずに、在籍確認の電話に出る方法とは?

在籍確認の電話が勤め先にかかってくると、会社の人の様子や反応が気になりますが、あなたが気にするほど周りは気にしていないので大丈夫です。

なぜなら、在籍確認の電話は、ほとんどが数分程度の短い会話で終わってしまうからです。

それでも、やはり心配なので、何か手を打っておきたいという人は、いくつか怪しまれずにすむ方法をご紹介するので、参考にしてみて下さい。

まず、1つ目は、クレジットカードの申し込みをしたので、在籍確認の電話がかかってくるかもしれないと、周囲に伝えておくのです。

クレジットカードであれば、誰でも申し込む可能性があるので、怪しまれることはまずありません。

電話がかかってきても、「クレジットカードの在籍確認ね」ですみます。

2つ目は、担当者の名前ではなく、家族の名前を使って、会社に電話をかけてもらうのです。金融機関の担当者にお願いをするタイミングですが、あなたがキャッシングの申し込みをする時に、在籍確認の電話は家族の名前でお願いしますと、忘れずに伝えておきましょう。

そうすれば、勤め先の人に何か聞かれても、「家族から急な用事があって、電話がかかってきた」と言えば、怪しまれずにすみますよね。

他にも、自分が、かかってきた在籍電話に、直接出るという手もあります。

その場合は、在籍確認の電話をかけてくる時間帯を、予め担当者と相談して、決めておく必要があります。

そして、その時間帯にかかってきた電話は、自分で取るようにするのです。

自分で電話を取ることができれば、何の電話がかかってきたのかもわかりませんし、会社の人にお金を借りるためにかかってきた確認の電話だということもバレません。

・会社への在籍確認の電話を、「なし」にしてキャッシングしたい場合

いろいろな事情があって、キャッシングを作るのに、会社に在籍確認の電話をしないで欲しいと言ってくる人がいます。

事情を説明して、金融機関の担当者が在籍確認をなしにしてくれるのは、以下のような時です。

・自分のところに、今まで電話がかかってきたためしがなく、自分と同じように、キャッシングをしたことのある勘の鋭い人が社員にいて、キャッシングしたことを疑われる可能性が高い場合。

・社員の個人情報が漏れるといけないので、会社側としては、たとえ在籍情報でも、教えられないという場合。

会社側の方針として、だれが会社で働いているかを教えてくれない会社もあります。

・労働時間が特殊な職場で、在籍確認ができない場合

昼間は社員が全員いないため、電話には出られないし、いるのは深夜の時間帯といった3交代制なので、在籍確認が取れないといった場合です。

・勤め先はお休みだけれど、その日に融資を希望する場合は、勤め先に、あなたが働いているかどうかを確認することができないため、審査を進めることができません。

どうしても、会社が休みの日にお金を借りなければならない場合は、電話以外の方法で、在籍確認をしてもらうことができます。

・職場への在籍確認の電話をなしにする方法としては

電話連絡なしでも金融機関からお金を借りられる方法は、2つあります。

電話連絡なしの代わりに必要なものは、指定の銀行口座と、在籍を証明する書類です。書類といっても難しいものではなく、
社員証や社会保険証など、会社名が分かるようなものが適用となります。

これらの書類がないアルバイトや派遣の方であれば、収入証明書や給料明細でも大丈夫です。
収入があることがわかる書類があれば何でも可能。

本来、在籍確認は、必ず必要ですし、申し込み者の都合で、
在籍確認をなしにすることはできません。
どうしても、事情があって、電話連絡をなしにして欲しい場合は、申し込みをする時に、忘れず相談してみて下さい。

本当に「なし」にするかどうするかは、金融機関側が判断します。

どのタイミングで事情を説明し、「会社に電話をかけないで欲しい」とお願いすればいいのかというと、申し込みの時に、その旨を相談しましょう。

伝える方法としては、申込書に「在籍確認なしを希望します」と書くか、或いは、申し込みが完了した後に、忘れず口頭で伝えておくといいです。

在籍確認の電話をなしにしたいのであれば、電話連絡をしなくても、キャッシングできる金融機関もあるので、探してみましょう。

【まとめ】電話連絡なしでお金が借りられる金融機関

在籍確認の電話連絡なしでも、お金が借りられる消費者金融として、アコムやプロミス、モビットがあります。

キャッシング 在籍確認

そのほとんどが、世間でもよく知られている大手消費者金融なので安心してキャッシングができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ